酵素飲料とダイエット


酵素飲料が体内で、どう働くか

まずはじめに酵素は私たちが、普段の食事で取る栄養も、それだけでは体の中でやはりきちんと上手に働いてくれません。 酵素があって初めて栄養がエネルギーに変わっていくのです。 この左の図を言葉で説明すると、材料や道具があっても大工さんがいなかったら、しっかりとした家は建てられないということです。 ですので、ベジーデルのダイエットはまず断食によって体の中をキレイにリセットしたあとに、酵素飲料(大工さん)、栄養素(材料や道具)を入れていきます。 所謂キレイになった体は働きやすい職場ですので、これは当然そこの大工さんは道具と材料をフル活用してしっかりいつも以上にさらに元気よく働いてくれます。

酵素飲料と新陳代謝

子供のころは食べても太りにくいのに、大人になると同じ量を食べたら太りやすくなってしまうという趣旨の経験はたくさんの方がされていると本当に思います。 酵素飲料が大きな役割を果たす新陳代謝の力が落ち、体自身が脂肪を燃焼させる力が落ちてしまっているのです。 新陳代謝能力が低下すると、やせにくくなるだけでないのですので、ここでは体が本来持つ自然治癒力の低下にもつながります。 そして、これは将来的にも年齢とともに体が酵素不足になってしまうことが、結果的に今ある原因の一つといわれています。 そのような結果が現状でもありますので、ましてや、逆にこの断食ダイエットはすぐに痩せるというよりもです。 むしろ、ここから必要な酵素飲料をしっかり摂取するという考え方のほうが正しいかもしれません。

酵素飲料と現代の食品

現代の日本人は、食文化が昔とは大きく変わり(インスタント食品や冷凍食品など)、食べ過ぎによる生活習慣病が問題になるほど胃腸は日々酷使されています。 一定期間、断食をすることで働き過ぎの内臓を休ませてあげることが、ここではかなり必要なんです。 徐々に断食によってしっかり休んだ内臓に、酵素飲料と栄養がはいることで体の中をスッキリきれいにしてくれます。 また、無理なダイエットによるストレスや喫煙、アルコールや加齢なども酵素が減少する悪い原因のひとつです。 痩せるという考え方ではなく、酵素飲料が体の中で働きやすい環境を作っていくことです。 これが必要なメンタルの健康も体系も安全に維持しキープされます。


酵素飲料 TOPページへ